RHEL 7 の iscsi 環境で shutdown がハマる件について

iscsiでディスク接続を行う環境を用意していたところ、シャットダウン時にハマった時の作業記録。

どうやらRHEL 7でiscsiターゲットを探索した際に、見つかったiscsiターゲットがすべて/var/lib/iscsi/nodes配下にディレクトリ形式で保存されるようだ。

保存されたiscsiターゲットのうち、接続できないiscsiターゲットがあると、シャットダウン時にハマるらしい。

接続できないiscsiターゲットのディレクトリをすべて削除し、接続可能なiscsiターゲットのみにログインした状態でシャットダウンしたところ、正常にシャットダウンが行われた。

うーんsyslog見るとなんかわかるんかなぁ。。。とりあえず疲れたから解析は後にしよう。。。